購入前にチェック

レプロナイザーでリフトアップ出来るのは噓か本当か?メーカーに聞いてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

顔のリフトアップ効果があると噂され、口コミも多いリュミエリーナのレプロナイザーシリーズ(3D Plus 及び 2D Plus)だが、実際はメーカー公式サイトにそのような効果が得られるという記載は一切ない。

 

では何故レプロナイザーシリーズで「顔のリフトアップ出来る」と、口コミが絶えないのか?本記事ではその真相に迫っていこうと思う。

 

 

 

 

以前は出来た!?ドライヤーでリフトアップ

 

 

まずは上画像を見てもらいたい。この画像はレプロナイザーが発売される以前のリュミエリーナのドライヤー「ヘアビューザー」の説明文の一部だ。

 

ここでは「肌に冷風を当てるとキメが整う・潤いが増す」という文言が記載されている。続いてコチラ。

 

 

特長の1つにハッキリと「フェイスアップする」と記載されている。レプロナイザーシリーズが発売される以前の機種では「フェイスアップ効果」を特長の1つとしてアピールしていたことがわかる。

 

 

メーカー・代理店・美容室も説明していた

 

上のYouTubeでの動画では、メーカー代理店営業が美容室で「リフトアップ効果」について説明を行っている。使用している機種は、レプロナイザーが発売される前の初期ヘアビューザーだが、これもリュミエリーナのドライヤーだ。

 

動画を見ればわかるが「髪だけではなく肌にも良い」と説明してるのが確認できる。

 

このように業者も「リフトアップ効果」をウリにして、美容室に対しリュミエリーナのドライヤーを売り込んでいた時期があった。同様に美容師もお客様に対しそう説明していた。

 

 

芸能人も驚いたその効果

 

日テレ「メレンゲの気持ち」でも、早見あかりさんや久本雅美さんもリフトアップ効果に対し肯定的な意見を述べている。使用しているドライヤーは「ヘアビューザー エクセレミアム 2D Plus プロフェッショナル HBE2D-P」。これもレプロナイザーが発売される以前のリュミエリーナのドライヤーである。

 

この動画からも察する事ができるが、レプロナイザーシリーズが発売される以前のリュミエリーナのドライヤーは、「フェイスアップ効果」を特長の1つとしていた。

 

 

リフトアップ効果をもたらす要素とは?

先程の動画などからも読み取ることが出来るように、リュミエリーナ独自の技術【バイオプログラミング効果】がリフトアップに大きく影響していたと言われている。

 

ただこの【バイオプログラミング効果】とは実に難解で、例えば「時空の物理理論で計算された“場”がプログラミング設計され・・」などの説明が連なり、理解するには相当な知識が伴わなければならない。

 

テキストでの理解が困難な方の為に用意されたかは知る由もないが、感覚的に理解する為にこのようなイメージもメーカー公式YouTubeチャンネルで発表されている。

 

 

要はこの技術が肌に対しても細胞を構成している分子そのものを活性化するとされ、結果的にリフトアップへとつながると理解するべきなのだろう。

 

しかし今となっては前述した「初期ヘアビューザー」や「ヘアビューザー エクセレミアム 2D Plus プロフェッショナル HBE2D-P」は既に製造終了となっている為、公式サイトでリフトアップに関する特長を確認することが出来ない。

 

ただリフトアップ効果をもたらす要素は、この「バイオプログラミング効果」であることは間違いないと言っても過言ではない。

 

 

レプロナイザーもバイオプログラミングは搭載せれているのに何故!?

レプロナイザーもこれまでのリュミエリーナのドライヤー(ヘアビューザーシリーズ)同様、バイオプログラミングが搭載されているのにも関わらず、何故「リフトアップ効果」を特長として記載していないのか謎である。

 

むしろ、レプロナイザーはこれまでのリュミエリーナのドライヤーの中でもバイオプログラミング効果が上がっていると説明されている。

 

さらにレプロナイザーは、「2D Plus」より「3D Plus」の方がバイオプログラミングの到達点が優れているとされている。数字が増すに連れ、バイオプログラミング効果が高まるという訳だ。

 

つまり、「レプロナイザーシリーズ」はこれまで以上に顔の「リフトアップ効果」が期待できるハズなのだ。

 

何故「リフトアップ効果」を封印したのか・・疑問しか残らない。

 

となれば、直接聞いてみよう。

 

 

リュミエリーナに直接聞いてみた

ちなみに今回は「製品およびご注文に関するお問い合わせ」から問合わせを行った。メーカーが丁寧に対応してくれた。

 

という訳で。レプロナイザー(3D Plus及び2D Plus)でリフトアップ効果が得られるのかをメーカーに問い合わせてみた。

 

 

結論から言うと、レプロナイザー(3D Plus及び2D Plus)はリフトアップ効果について特長として挙げていない】という回答だった。

 

 

厳密には、確かに以前は【リフトアップ効果を謳っていた時期もあったが、現在ではその様な表現はしていない】という事だった。

 

では何故、現在は「リフトアップ効果」を謳わなくなったのか?つまり特長の1つとして明言しなくなったのか?それに関しても尋ねてみたが・・・

 

「私ではわからない」という回答だった。

 

「製品およびご注文に関するお問い合わせ」を担当しているオペレーターでも、現在リフトアップ効果に対する明言を避けている理由を知らなかったのだ。

 

つまり、リュミエリーナの見解としては「レプロナイザーでリフトアップ出来る」という現象は認知していないのだ。

 

 

勝手な推測

ここからは私の勝手な推測になるが、恐らく「レプロナイザー」でもリフトアップ効果が得られるのではないだろうか?

 

なぜなら「バイオプログラミング」というリュミエリーナ独自の技術を搭載していた「ヘアビューザー」などに代表さえる機器は、これまで多くの「リフトアップ」に関する事象が報告されてきた。

 

先程紹介した動画などからも、その結果はうかがえる。(評価は個人差がある)

 

レプロナイザーはリュミエリーナが手掛けた最新の美容機器で、もちろん「バイオプログラミング」も搭載している。むしろその効果は向上しているとさえ言われている。

 

だとすれば、「リフトアップ」出来ないはずは無いのだが・・

 

レプロナイザーを用いて「リフトアップ効果」を求めるには、以前のアプローチ方法と同じで冷風を顔に当てていく事が最適な手段になると思われるが、あくまで「自己責任で・・」という事も記載しておく。

 

チェック

 

 

スキンケアが出来るドライヤーは存在する

 

レプロナイザーに関しては説明したとおりだが、実際に「美肌ケア」を特長の1つとし、「スキンケアが出来る」と明言しているドライヤーが存在するのも事実だ。

 

それがテスコム社のコラーゲンイオンヘアドライヤーだ。

 

テスコムは全国の美容室で使用率No.1のドライヤーメーカーで、美容業界において非常に影響力のあるメーカーともいえる。

 

そのテスコムがリリースしているコラーゲンイオンヘアドライヤーの髪に対する特長は今回割愛するが、「スキンケア」に対しアピールしている動画も作成しているためシェアしておこう。

 

 

もちろん髪に対する特長の方が秀逸だが、今回の記事テーマに沿っての動画紹介である。今最もチェックしておくべきドライヤーの1つとして最後に販売サイトのリンクを貼っておく。

 

 

スキンケアが出来るドライヤーはコレ

 

 

 

コメントを残す

*